天体観測ラプトル60

2020/05/04

コロナ自粛が続く中、何か子供にプラスになることはないか?と考えています。「天体望遠鏡や顕微鏡に興味ある?」と聞いたら、「天体望遠鏡に興味ある!」ということだったので、チャンレジすることにしました。実は、長女が小学生の時もチャレンジして、本屋で売っていた安いものを購入したのですが、うまく見えなかった苦い思い出があるんです…今回は、息子の誕生日も近いし、思い切ってそれなりのものを購入しよう!ということで、いろんなメディアでお薦めされていた「ラプトル60」を購入することにしました。


天体観測

 

天体観測超初心者のσ(^_^)は、ネットで観測の仕方を調べました。すると、まず"明るい内にピント調整をする"とのことだったので、18:00の月をターゲットにしました(写真1枚目)。でも望遠鏡を覗いても真っ白…長女の時のトラウマが頭をよぎりました…そこへ妻が参上。息子にレクチャーしたところ、「見えた!」の声が。どれどれと覗いたら、2枚目の写真(35倍)が視界に!「お~」と思わず声が漏れました。初めて生クレーターを見ました。^^; 息子は、これに気をよくして倍率を上げて見ることにも成功。すっかりハマった様子。20:00にも再度覗き、また写真を撮っていました(写真3枚目 87.5倍)。明日早朝の月も撮るんだそうです。BUMP OF CHIKEN好きの長女は「天体観測」を歌いながら「すげー」と声を上げてました。子供に天体観測の成功体験をさせることが出来たので、親としては満足です。わが家に天体ブームが来ちゃうかな!?(笑)


備忘録

天体望遠鏡の倍率の計算方法:倍率 = 対物レンズの焦点距離 ÷ 接眼レンズの焦点距離。
ラプトル60の場合、対物レンズの焦点距離が700mmの為、F.8mmの接眼レンズを使うと、700 ÷ 8 = 87.5倍 となる。
ラプトル60付属レンズ:K.20mm(35倍/24.5mm径/広角43°)、F.8mm(87.5倍/24.5mm径/広角43°)

 
 

(関連リンク)
ラプトル60メーカーサイト