オリジナルDVD作成

2020/03/28

昨年、息子が小学校を卒業した際に、少年サッカーチームの卒団DVDを作ったのですが、これを知った友人から、自分の子の所属チームのDVDも作って欲しいと依頼されました。「任せとけ!」と返事したものの、1年前にどう作ったっけ?って忘れかけていたので、備忘録も兼ねてご紹介します。^^;

(作るものリスト)
・動画ファイル(mp4 × H.264)
・DVDメニュー
・DVD作成
・DVDラベル
・DVDケース用ジャケット
・プレゼント用ラッピング


前提

クリエイティブな創作をされる方は、みなさんMacを使われると思うのですが、σ(^_^)は、ずっとWindowsしか使ってこなかったので、Macを触ってみたこともありますが、全然馴染めない…ということで、今回の制作は、Windowsで行っています。また、費用は極力かけない方針です。


動画ファイル作成

DaVinci Resolve
動画ファイルを作成するには、いろんなソフトがありますが、フリーで高性能のものとして「DaVinci Resolve」というソフトを使いました。プロも使っているという程の高性能で、ハードウェアもそれなりに高スペックが求められますが、いろんなことが出来る優れものです。
プロっぽいエフェクトを使いたいなぁと思い、テンプレートを配布しているサイトを探したところ、「Motion Array」というサイトを見つけました。有料ですが、期間限定で使いたい放題という素晴らしいサイトです。昨年から1年ぶりにサイトを訪れたら、テンプレートがものすごく増えていて、また作りたくなりました。^^;
AviUtl
σ(^_^)は、ちょっと馴染めないのですが、老舗の動画編集ソフトに「AviUtl」というソフトもあります。友人は、これを使って編集していました。


DVDメニュー作成

DVD Flick
昨年、息子の卒団DVDの作成に使いました。簡単にメニューが作れるのですが、ちょっと癖があります。既存のメニュー(テンプレート)をコピーして背景画像を差替えようとすると、画像によってはアプリが落ちます。いろいろ試行錯誤した結果、背景画像のファイルサイズが大きいと落ちることがわかりました。ネットで質問している方もいらっしゃいましたが、きっとこれが原因だと思います。IrfanViewという画像ビューワを使ってファイル保存すると、画像に含まれる余計な情報を削除してくれるようで、サイズが小さくなるので、このツールを使って対応しました。
DVDStyler
去年、DVD Flickを使ってメニュー作成の自由度の低さや、画質の低さが気になっていたので、「DVDStyler」というソフトに手を出してみました。中級者向けということでしたが、全然難しくないです。変な癖もないし、画質も良く、メニューの自由度も高い!断然、DVDStylerの方が良かったです。ポータブル版もあるみたいですね。σ(^_^)は、ポータブル版を使いました。


DVD作成

DVDメニュー作成で紹介した両ソフトとも、DVDオーサリングツールを内包しているので、メニューを作ったら、そのままDVDを作るところまで出来ちゃいます。


DVDラベル

↑な感じのラベルを作ります。
σ(^_^)は、プリンターに「EPSON EP-808AW」を使っています。最近のプリンターならラベル印刷機能は標準でついているのかな。このプリンターには、標準で「Epson Print CD」というラベル印刷ソフトがついていますので、これを使用しました。
印刷に使用する画像ですが、画像編集に「GIMP」というソフトを使いました。PhotoShop顔負けの機能を搭載した優れものです。フリーでは最強だと思います。サイズは大きいに越したことはありませんが、ネットでラベルを配布されている方のサイズをみると「1,418×1,418」が多いようですので、それに倣いました。


DVDケース用ジャケット作成

DVDケースは、エレコムの「スリムトールケース(CCD-DVDS03CR)」にしました。このケースに合うジャケットは「スリムトールケースカード(EDT-SDVDM1)」です。
ジャケットへの印刷は、エレコムがエレコムの様々な用紙に対応した「らくちんプリント」というソフトを用意していますので、それを使いました。
印刷に使用する画像ですが、ラベル同様、画像編集に「GIMP」を使いました。サイズは大きいに越したことはないと思い「1,920×2,919」としました。


プレゼント用ラッピング

ケースを裸で手渡すのも寂しいので、お店で販売されているかのように、透明フィルムでラッピングします。トールケースをちょうどよくラッピングするのに「透明OPP袋(A5サイズ)」を使いました。テープ付がポイントです。必要枚数が少なければ、100円ショップを利用した方が安くあがります。ダイソーだと17枚入りで売ってました。^^;


まとめ

友人に依頼されたのは15枚でしたので、費用は以下な感じになりました。(ソフトには費用が一切かかりませんでした♪)
・DVDジャケット(CCD-DVDS03CR)×2:337円 × 2 = 674円
・ジャケットカード(EDT-SDVDM1)×2:329円 × 2 = 658円
・DVD(DRD120PWE.50SPZ):1,600円
・プリンタインク(IC6CL80):3,834円
・ジャケットラッピング:250円
合計:7,016円
だいぶ余りが出ちゃいましたが、それは手数料ということで頂いちゃいました。^^;
総額だけ見るとそこそこの金額ですが、人数で割ると500円もしないので、思い出が詰まったオリジナルDVDは、昨年の卒団式でも大好評でした。
次は、ブルーレイ!?^^;