コンセントプラグを修理しました。

2020/02/24

「父、ヤバい。これ直る?」とサッカーから帰ってきた息子が困り顔。「なに?どした?」と見てみると、シューズドライヤーのコンセントプラグの先が折れてました。どうやら、わが家の柴犬君がコンセントをいたずらして折ってしまったらしい。ふむ。どうすればいいのかな?と調べてみると、簡単に直せそうだったので、急遽、ホームセンターに行ってコンセントプラグを買ってきて直しました。ここにそのライフログを残します。

 

ホームセンターに行ったら、普通に売ってました。今までは、コンセントプラグがスナップするタイプではなかったので、どうせ直すなら改善しよう。ということで、スナップタイプを購入。税込172円也。安い。:D

 

コンセントプラグの根本をペンチで切断。コードを分割します。

 

コードの芯を覆っている被覆を剥き、買ってきたコンセントプラグのコードを接続します。

 

完成です。所要時間は15分くらいでした。

 

動作確認もバッチリです。作業のほとんどを中一の息子がやったのですが「理科の実験みたいで楽しかった♪」と言ってました。良い経験が出来たみたいで何より。
めでたし。めでたし。( ̄▽ ̄)

(参考サイト)
コンセントプラグの修理をしよう!費用はたったの150円!