docomo OPEN HOUSE 2020

2020/01/24

同僚が出展ブースで説明するということで行ってきました。ここ数年流行りの「5G、AI、IoT、ロボティクス」というキーワードが満載の展示会でした。


AI、IoTを使ったソリューションは、斬新なアイデアというものは目につかなかったものの、精度の向上や、実証実験中といった、より現実的な内容だったように思いました。それよりも興味を引いたのが「AR、VR、MR」といったバーチャル技術。すでにポケモンGoやドラクエウォークなど、ARを使ったエンタメは実用化されていますが、これらは1人称の話でした。これが、バーチャルワールド上でARを複数人が共有するという取組みが展示されていました。今年、トヨタの年頭挨拶でも触れられていましたが、バーチャルワールドがいよいよ現実味を帯びてきたのかなと感じました。きっと、その世界で独自の商用プラットフォームが生まれ、リアルとバーチャルのパラレルワールド化するんだろうなぁと思いました。完全にマトリックスの世界ですね。^^; ちょっと怖いなぁと思いつつも、面白そうだなとも思えた展示会でした。


(関連リンク)
docomo Open House 2020
5Gでどんなビジネスが生まれる? 「DOCOMO Open House 2020」で見られるソリューション(ITmedia)