第98回 全国高校サッカー選手権大会 決勝 青森山田 vs 静岡学園

2020/01/13

すごい試合でした… 矛 vs 矛。チーム力 vs 個人技。準決勝からチームカラーのぶつかり合いの見応えのある試合が続いていましたが、決勝は更に凄かった!
最初の2点が入った時点では青森山田のワンサイドになるのか?と思いました。静岡学園は攻撃時に人数をかけておらず、シュートまで行けないことが何度かありました。それに対し、青森山田は攻撃に人数をかけ、効率良く得点を重ねているように見えました。が、前半に1点返したのが大きかった。後半に入ると、青森山田のプレスに慣れたのか、静岡学園の攻撃が繋がるようになりました。メンタルのスポーツとも言われるサッカーにおいて、2-0のスコアが一番危険とは良く言ったもので、1点返されてから青森山田が防戦一方になりました。そして、ついに61分に今大会ベストゴールではないかと思うようなゴラッソで静岡学園が同点に追いつきました。そこからはお互いが攻め合う展開となり、ハラハラドキドキ。延長戦かな?と思い始めた85分に静岡学園がフリーキックをきれいに頭で合わせて逆転!もう会場総立ちの鳥肌ものでした!なんかもう凄いとしか言いようがない展開で、このまま試合終了!静岡学園が大逆転で24年ぶり2回目の優勝を飾りました。

 

静岡学園の攻撃は人数をかけていないと既述しましたが、もしかするとドリブル突破の邪魔になるからなのかも知れませんね。実際、数人に囲まれても果敢に間を突破しようとするプレーは何度も目にしましたし。最初はもどかしく見え、人数をかければいいのにと思いましたが、後半のプレーを見ると理にかなっているなと思いました。こういう信念を貫いての優勝は、本当に素晴らしいです。静岡学園、青森山田の両校の10番は、鹿島、浦和とJリーグ入りが決定しています。プロの世界でどういうプレーを魅せてくれるのか本当に楽しみです。静岡学園、優勝おめでとうございました!

 

(関連リンク)
第98回全国高校サッカー選手権大会
決勝戦スタッツ
王国復活!静岡学園が0-2からの大逆転で令和初の選手権制す!
「2点獲られたら3点獲る」。諦めずに攻めること、DFを『倒しに行く』ことを続けた静岡学園が“静学らしく”逆転V!

(関連メディア)