2019 J1 12節 vs 浦和レッズ

2019/05/17

この試合は、後世に語り継がれる試合になりましたね。『世紀の大誤審』。
σ(^_^)も4級審判を持っていましたので、審判の難しさは理解しているつもりです。一瞬、見えなかっただけで今回のようなことに繋がるので本当に難しいなと思います。ただ、副審もいて第4の審判もいた中で、明らかなゴールが見落とされるのは残念に思います。
今シーズン、なかなか得点が取れない中、2点を先制された後の反撃の1撃がノーゴールに…湘南サポのσ(^_^)にとっては致命的に感じました。でも、後半の逆転劇は痛快でした。何か神懸っているかのような。
浦和側は誤審が逆に働いちゃいましたね。誤審がなければ、勝てていなかったと思います。
最後に決めたのは山根。いつも、劇的なゴールは山根な気がします。山根は2015年の天皇杯で湘南と対戦した桐蔭横浜大学にいた選手。元は攻撃的なポジションの選手でしたが、今はディフェンスの選手に。こういう背景も知っているだけに、最後の最後、山根が攻撃参加して試合を決めるのは、本当に胸が熱くなります。背番号も息子と同じで、攻撃→守備にポジションをシフトしたことも同じなので、本当に応援しています。
頑張れベルマーレ!頑張れ山根視来!


(関連リンク)
誤審で得点認められずも…湘南を逆転勝利へと導いた“ワンプレー”
・チョウ監督と被るクロップの姿。大誤審があっても湘南が勝てた理由。

(関連メディア)

誤審シーン
逆転シーン